2007年04月23日

『リッチコンテンツ・マーケティングの時代』を読んでみた






Web周りの仕事に携わっているものの、
Flashコンテンツは苦手科目です。
で、当然、動画もそう。

さすがに、知識だけは詰め込まなきゃ
活動領域も狭くなるよなぁ、と思い読んでみました。

まぁ、あと、cciの動画広告の説明会を聞きにいった際、
『これから、動画来るんだなぁ』と現実を目の当たりにしからかなぁ。

とにかく、危機意識みたいなモノを持ってます。

何気に、企業のキャンペーンサイトとか見てると、
Youtubeみたいなインターフェース、おもいっきし意識してるの
見かけますしね。


この本に関しては、国内外の事例もそうですが、
動画広告を制作する際の流れやポイントが載っていたのが
有難かったです。
posted by 四日坊主 at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

『インタラクティブの流儀』を読んでみました






Amazonのコメントを見てたら、
すご〜く評判良さそうだったんで、買ってみました。

やっぱり、大きな案件、話題になった案件って、
物凄く泥臭くて、しっかり考え込まれてますねぇ。

自分の考えの浅さや、アイデアの陳腐さだとか、
かなり痛感させられました。

『このWebサイトは、なぜこんな導線設計なのか?』
『このキャンペーンで、なぜ動画を使うのか?』
などなど、それらをやる必然性を深く考えてなかったなぁ。

非常に、勉強になりました!

スラムダンクの事例とか、広告に関係ない方にとっても
面白く読めると思います。
posted by 四日坊主 at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

SEO『検索エンジン最適化』の教科書で、復習しました。

SEO専業ではなく、ネット代理店にいるわけでもないのですが、
『検索エンジンで上位に表示させたいなぁ』だとか、
『SEO施工しやすい感じで作ってください』だとか、
SEO周りの要望はたびたびやってきます。

そんなわけで、ネットで調べたり、雑誌を読んだりするわけですが、
どうも新しい事例を体系的に教えてくれるモノが少ない。
と思っていたら、こんな本をAmazonで見つけました。


[SEO『検索エンジン最適化』の教科書]





『SEO SEM Technique Vol.1』で情報をアップデートしたものの、
どうも不安でしょうがなかったので、非常に助かりました。


LPOの話に触れていたり、
スプリットテストのコトも多少書かれていました。

SEOをガッツリやられている業者さんだと、
当たり前のコトかもしれませんが、こういった話、
意外に聞く機会ないんです。


Googleウェブマスターツール
Yahoo! Site Explorer
もイマイチ使いこなせてなかったですし、
■サイトマップのxmlファイル登録
もそんなに分かっていなかったので、
すご〜く助かりました。


こうやって、足りない知識を補ってくれる書物は
非常に有難いです。


あと、MTWordPress用のSEO対策についても
記述がありました。

近いうちに、この本を参考にしながら、
サイト立ち上げてみたいですね〜。

とくに、WordPressに関して全く知識が無かったので、
その特徴や強み/弱みも書かれていたので、
ブログ周りの提案の幅も広がりそうです。
posted by 四日坊主 at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

『モバイルSEM』を読んでみた

今の会社にお世話になって1年ちょっと経ちますが、
何気にモバイル案件に携わったことないですね〜。


クライアントからの要望で、2度ほど提案の機会は
あるのですが、けっきょく立ち消えてしまいました。

4〜5ヶ月前にも、『モバイルリスティングの話をして欲しい』と
要望を頂いていたのですが、こちらも流れてしまいました…。


まぁ、僕の押しの弱さ、提案力の無さも、多分にあるんだと思います。
モバイル、やりたいんですけどねぇ。今のところはご縁がありません。


そんなこともあってか、『モバイルSEM』を読んでみました。






数字や参考事例、モバイルリスティングの考え方など
紹介されていて、非常に参考になりました。


前段では、『PCとモバイルの違い』『モバイル広告における違い』
について主に書かれていました。
※モバイル広告=バナー/テキスト/リスティングのこと。

ここは、『Mobile2.0』に書かれていた内容に近いです。






で、後半はモバイルリスティングの効果の高め方や、
導入事例が書かれていました。


個人的に参考になったのは、下記の5点。


===============================

【1】『男女別/世代別 自由時間の過ごし方』の図表(31ページ)
【2】『モバイルリスティング提供会社の配信ネットワーク』の図表(39ページ)
【3】『モバイル検索サービスの特徴』の図表(67ページ)
【4】『モバイルSEMの費用は、PCでやるSEMの5分の1が目安』(86ページ)
【5】『モバイルリスティングの提供サービス比較』の図表(92ページ)

===============================


やっぱり、図表がとくに助かりますね〜。
『自分で探せよ!』って話ですが、けっこう手間取りますから。
そういった意味で、企画書を作るときに凄く有難いです。


あと、いちばん印象に残ったのが、実は
モバイルSEMと直接関わっていないところなんです。


具体的には、『モバイルSEM』の著者である中橋氏と、
『リクナビ派遣』の担当者とのインタビュー記事。

インタビューの冒頭で、
『リクルートという会社について教えてください』
という質問が中橋氏より投げかけられます。

その答えが、凄く印象的でした。


『たくさんの情報を集めて、それを個人のユーザーに提供している会社です。
(中略)以前はそれを編集してパッケージ化するのが主流でしたが、
ネットにおいてはその必要性も薄くなっていますから…。』
とのこと。


このコメントに対し、深く言及されておりませんでしたが、
『ネットにおいて、編集の必要性は薄い』とおっしゃられていたのが、
かなり気になりました。

ふ〜ん、そうなんですね。
とくに、ドコイクみたいなサービスが、それにあたるのかな?
どうなんでしょう?
posted by 四日坊主 at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

『クチコミの技術』を読んでみた。

気になる本があると、
Amazonのウィッシュリストに保存しています。

で、とくに優先度の高い本については、
月末に10冊前後を注文。翌月にガッツリ読んでいます。

今回は、そんな中の1冊です。


[クチコミの技術]





『ネタフル』を運営するコグレマサト氏と、
『みたいもん!』を運営するいしたにまさき氏が
書かれている本なのですが、事例やノウハウが
たくさん紹介されており、非常に参考になりました。


私自身、Webのプロモーションのお手伝いを
する機会が多いせいか、次の点がとくに印象に残りました。


================================

【1】個人ブログがメディア化する際の指標

個人ブログを運営している方々の共通認識として
■半年間以上にわたって毎日更新
■エントリが300超
■1日のPVが500超
この3点が指標になってくるようです。
(104ページ参照)


【2】自分のサイトを評価するためのツール

■アクセス数の調べるツール
Google Analytics
Alexa

■検索結果を調べるツール
SEO(サーチエンジンオーレ
ぐーまに
キーワードアドバイスツール
Googleページランク

■コンテンツの量を調べるツール
・Y!/Gにて、『site:』で検索
・Y!/Gにて、『link:』で検索
feedmeter(ブログの更新頻度検索)

※みんな、やること一緒なんだぁと思って、
すごくホッとしました。

================================


初めてゼロから情報収集をする方より、
ある程度この手の情報を知っていて、
さらに『最新の動向/事例も知りたいなぁ』という方には
すごく重宝する本かと思います。

提案書を書く前の、事例探しで、
僕の場合は助けてもらえそうです!
posted by 四日坊主 at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

『儲かる会社はこうしてつくれ!』の書評

お盆の時期にけっこう本を読むことができたので、
その一部をご紹介したい。






今回お話するのは、ランチェスター戦略に関する書籍。
日本でランチェスター戦略の大家と言われる故・田岡信夫氏の奥さん、
田岡圭子さんが書かれたモノだ。

ざっくりとした内容は、下記の通りだ。



■ざっくりとした内容

『ランチェスター戦略
⇒第一法則(一騎打ち法則)/弱者の戦略
⇒第二法則(確率戦)/強者の戦略』

とくに、弱者が市場で上手く立ち振る舞うには、
市場を切って局地戦に持ち込む必要がある。

市場の切り方として、
商品/サービス/流通/地域に切っていく方法がある。
この本では、それぞれの切り口に関して、
もう一段階落とし込んで言及している。

また、ランチェスター戦略が弱者のための戦略であることから、
後発企業の市場参入のタイミングについても述べられていた。
商品ライフサイクルに応じて、4つのタイミングがあるようだ。

最後に、商品/サービスを広めるための営業に関しても
コメントが書かれていた。営業戦略と、営業スタッフの育成についてだ。



情報の薄さは多少気になるが、まぁ
ランチェスター戦略が分かりやすく説明されているので、
初めて読む方にはオススメだ。


※参考までに、章立て

序章  『ランチェスター戦略』は、科学です
第1章 『商品の差別化』戦略の鉄則
第2章 『サービスの差別化』戦略の鉄則
第3章 『流通の差別化』戦略の鉄則
第4章 『市場参入』の鉄則
第5章 『地域の差別化』戦略の鉄則
第6章 『営業戦略』の鉄則
第7章 『営業マンの育成』の鉄則
posted by 四日坊主 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月28日

『できる人』の時間の使い方、の書評 その2

(昨日の続きです、)






以下、読んでて気になった点。


[目標に集中し続けるためのアイデア]
・手帳に書く
・目につく所には、必ず張り出す
・紙に書いた目標を声に出して読む


[仕事の成果をあげる三大ポイント]
1.全体展望
2.優先順位
3.メモリ


[計画を実行するための7つのテクニック]
1.同時多処理する
2.期限を付けて集中する
3.タイムクロックの実行
4.すぐやる習慣をつける
5.電話、メールのプランニング
6.もっと他人に任せる
7.最初に4分間に全力を


[その他]
・アベイラブルタイムを有効に使う
・『時間泥棒』を排除する
・これだけリストを作る


なかには既に使っているモノもあったり、
『へぇ、こんな風にすると良いんだぁ』と
思う部分もあり、いろいろと参考になりました。
posted by 四日坊主 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

『できる人』の時間の使い方、の書評 その1

『あれもやりたい、これもやりたい』という性格なので、
いつも時間が足りない症候群だ。

どうにか時間のやり繰りを上手くしたいと思っているせいか、
『時間の使い方』に関する書籍にはたびたび目を通す。


今回は、つい最近読んだモノを紹介したい。






著者は、箱田忠昭という方。
『エスティのマーケ部長』や
『サンローランの日本ブランチの社長』 を歴任された方だそうだ。
現在は独立されて、年300回近くセミナーをこなす方とのこと。


以下、気になった点…。

(と思いましたが、長くなるので次回。)
posted by 四日坊主 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

『図解ブログマーケティング』の書評(その2)





前回の続き…


[2.ブログマーケティングの手法]
・メッセージング型
(例:『渋谷ではたらく社長のアメブロ』『ティーダ公式ブログ TIIDA BLOG』

・コミュニティ型
⇒スタンドアロン(例:『ヤマヤのお料理ABC』
⇒グループブログ(例:『ブカツブログ2006』
⇒ブログホスティング(例:『ゴルファーズブログ』

・ブランデッド エンターテインメント
(例:日産・NOTE×楽天 『One more day』 ※既に終了してました)
⇒これがいちばんBuzzマーケっぽい。

※リッチコンテンツを活用したブログ
⇒Flash(例:『KaradaScan』 ※ん?ブログ使ってる??)
⇒ポッドキャスティング(例:『プレイヤーズ王国』


以上が大枠部分。だいたい3分の2がこれに割かれていた。
残りの3分の1は、ブログを立ち上げる際、運用する際
のマニュアル・TIPS的な話となっている。


私個人の感想としては、『企画書を作る際に非常に役立つ本』
といったところでしょうか。必要なところだけ読み返せば良いし、
事例もかなり用意されている。


あと、『トラックバックは荒れにくい』という部分が非常に意外だった。

私の経験則から言うと、トラックバックスパムがすぐに張られちゃうので、
かなりうざったい。逆にコメントって、目をつぶっていれば
関係のないコメントは案外気にならなくなる。

この点は読んでてホント良かった。
『こんな見方もあるんだなぁ』と思えたし、知識の抜けを埋めることもできた。


事例をupdateしさえすれば、基本線は変わりませんし、
しばらくはお世話になりそうです。
posted by 四日坊主 at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

『図解ブログマーケティング』の書評(その1)





既に知っている情報ばかりだったが、何せ体系的には学んでいない。
さすがに、それでお客さんに提案するのも心許ない、ということで
読んでみた。

以下、話の大枠を拾い上げてみた。


[1.機能面の特徴]

■ブログのメリット
・更新しやすい
・検索されやすい
・固定リンクができる
・トラックバック/コメントができる
・速報性が増す


■トラックバックについて(利点)
・企業Webから消費者のブログにリンクが出来る
・企業ブログにトラックバックしたサイト同士の結びつきもでき、
複雑なリンク構造になる
・コミュニティ機能として『荒れにくい』特性を持っている
・企業からのメッセージが強化されることがある


■コメントについて(利点/欠点)
利点
・会話の方向性をコントロールできる
・ブログを持っていない人や初心者でも書き込める

欠点
・荒れる危険性がある
・話の方向性がずれる場合がある


■その他
・親近感を演出できるスティッキーなWebコンテンツを
作ることができる


(けっこう長くなりそうなので、続きは次回)
posted by 四日坊主 at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド
Aflac Amazon ANA ANGELFIT AUBE Cecile CGM CM DVD EC FEEL LIVE Flash Gyao HP JRA JR東日本 KDDI LinkedIn mixi MTV Office2007 OLYMPUS P903iX PARCO CITY pip Second Life SEM SEO SNS UGC UT Volvic Webマガジン Wii W杯 xml Yahoo!検索 YouTube 『できる人』の時間の使い方 あいのり けんてーごっこ ここカラダ せし・リエイト もしも、シンデレラの行動がすべて計算ずくだったら? アサヒビール アフィリエイト インターネットチャンネル オグリキャップ オランダ オンラインビデオ カフェ カメラマン キャンペーン クチコミ クチコミマーケティング グルメ ケータイ ゲーム ゲーム内広告 コスメ サッカー サッカーワールドカップ サンテ40 ショコラの見た世界 ジダン スイス スペイン スミノフ アイス ソフトバンク タウンページ タバコ ディナー トリノオリンピック ドコイク? ドコモ ドラマ ハムスター バイラルマーケティング バーティカル検索 パスタ ビズタイムカフェ ビンゴ★ボンゴ ビール フジテレビ フランス ブログ ブログパーツ プロポーズ大作戦 プロモーション ヘルシアウォーター ペット ポッカ ポッドキャスティング ポータル マイクロソフト マルイ ムービー メイベリン モバイル ユニクロ ヨシズミTV ランキング ランチ リクルート ワンセグ ヱビス 中田英寿 人脈BANK 企画 健康 公認コミュニティ 冬季五輪 図解ブログマーケティング 地域情報 壁紙 夕張市 学園祭 宮崎あおい 山ぴー 山下智久 岩盤浴 旅行 日本代表 日経MJ 日経新聞 映画 時効警察 時間術 書評 月9 栗山千明 渋谷 爽健美茶 王様の速読術 病院検索 睡眠障害 知花くらら 石原良純 禁煙 織田裕二 行定勲 転職 速読術 週刊ダイヤモンド 野球 銀座 銀座5丁目 長澤まさみ 飛行機 高砂淳二


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。